So-net無料ブログ作成
検索選択

やけど虫?症状と対策

Sponsored Link

やけど虫による被害が増えているそうです。

やけど虫はじめて聞いた。

どんな虫が画像を検索

するとこちら


やけど虫とは

なんでも体液に毒があるらしく、

咬まれるとか、刺されるとかじゃなく、その体液が付着すると

とんでもないことになるそう。
yakedomusi.jpg


アオバアリガタハネカクシの俗称

オレンジ色の体、黒い頭と尾、青い羽をもつ細長い体長約7ミリの虫。

網戸を通り抜けてくる細さ。

珍しい虫ではなくどこにでもいる。

国内においては全国に分布し、水田、川原、池沼の付近など湿気のある土壌を好み、

雑草や落葉、朽木や石の下などに生息している。

市街地にも生息するにもかかわらず、小柄であるため人々も普段は気がつくことも少ない。

どこにでもいるって?こっわー


症状

やけどのように皮膚が赤く腫れて水ぶくれができ、痛みやかゆみを伴う「線状皮膚炎」を

引き起こす。

付着後およそ2時間ほどしてかゆみを感じ、発赤、水ぶくれを生じ、やがて火傷をした時

のような痛みに変わる。

体液が目に入ると失明の危険性もある。


治療はステロイド軟こうの塗布などで、一般的には完治まで5~10日かかる

民家の明かりにつられて屋内に入ってくる。



対処法

窓をしめておく。

虫を潰したり、皮膚を触ったりしない。

虫のとまっていた皮膚を洗い流す。

皮膚炎に気づいたら、すぐに医師または薬剤師に相談する。




最近いろんな外来種もふえてきて被害報告が増えてます。

特に虫がたくさん出る時期です、みなさん気を付けましょうね。









Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © 旬な気になる芸能ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。