So-net無料ブログ作成
検索選択

熱中症対策 ペットにも! ーペットの熱中症症状と予防ー

Sponsored Link

このところ猛暑が続き熱中症で死亡するニュースも流れてきており、

搬送される人も多くなってきている。

熱中症に気を付けなければならないのは人間ばかりではない。

飼っているペットももちろん熱中症になる。

ペットにも熱中症対策を、、、

inu.jpg

犬や猫は基本的に汗腺がない(肉球にはあるが)基本的に汗をかくことができないので、

熱を対外に放出できにくい。

●犬
 
 犬は呼吸によって体温を調節している。

 パンティング浅く早い呼吸のことが一層早くなり喘ぎながらよだれを流し始める

犬の熱中症の症状

 痙攣や嘔吐下痢
 脱水症状を起こした場合酸欠により舌が紫色に

特に子犬、老犬、肥満している犬は要注意

そして大型犬種で短鼻の犬(フレンチ・ブルドック・ボストン・テリア・シーズーなど)は

喉への空気の通り道が狭いのと直に熱気を吸い込むためリスクが大きい

シベリアンハスキーなどの寒冷地が産地の犬も被毛が厚いので発症の危険大である

●猫
neko.jpg

猫は基本的に犬よりも厚さには強い体温調節を体をなめることで行う

猫が犬のように口で呼吸をしている時は深刻な状態で体が普段より熱い状態になる

症状がすすむと嘔吐、下痢、声をかけても反応しない。

犬と同様鼻の低い品種が熱中症になることが多い。


●予防

車中に残さない子供と一緒で車中はおもっているより温度がたかい。

地面やアスファルトは犬は直に歩くということを頭にいれること

地面は気温より10度高い手で触れてみて確認する。

ペット用の冷却マットなどを利用する。



熱中症の症状がみられたら、水をかけたり冷風にあてたり、水でぬらしたタオルをかけるなどして、

体温を下げる

水が飲めるようであれば飲ませてあげる。ぐったりして飲めない場合は無理に飲ませず、

むせないよう布やコットンに含ませた水で舌を湿らす程度にしてあげる。

動物病院に連絡して指示を仰ぐ

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © 旬な気になる芸能ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。